アップルの歴史

1976年
 4月1日
スティーブ・ジョブス、スティーブ・ウォズニアック、ロン・ウォンの三人はジョブスの家のガレージでウォズが作ったコンピューターを販売する「Apple Computer Co.」を設立
 7月
●「Apple I」発表

1977年
 1月
「Apple Computer Co.」は株式会社「Apple Computer,Inc」となる
 4月
●「Apple II」発表 世界で最初のパソコン登場!
この時スティーブ・ジョブスが初めて「パーソナルコンピュータ」という言葉を使う

1978年
世界初のパーソナルコンピュータ用フロッピーディスクドライブ「DiskII」を発表。

■現在出まわっている総てのフロッピーディスクドライブはウォズ(ウォズニアック)が作ったこのフロッピードライブがベースになっている

1980年
●「Apple III」発表
「Apple II」シリーズに続く主力製品になるはずだったが完全な失敗作だった

1983年
●世界初のワークステーション「Lisa」発表
 4月
ジョン・スカリー(ペプシコ社長)Appleの社長に就任

1984年
●Macintosh「128K」初代Mac 発表
●Macintosh「512K」
☆ System1.0

1985年
 5月
ジョブス退社
☆ System3.2
●「Macintosh XL」発表
「Lisa」にMacのアプリケーションが動くエミュレータ「MacWorks」を載せたもの

1986年
☆ System4.0
☆ 日本語システムを発表、漢字Talk 1.0/1.1
●「Plus」発表 パソコン初の SCSI搭載 Mac
●「512Ke」発表

1987年
☆ System5.0/漢字Talk 2.0
●「SE」発表
●「MacII」発表 デスクトップ型Mac(IIシリーズ)登場

1988年
☆未来のコンピューター社会のライフスタイルを示す 「Knowledge Navigator(ナレッジナビゲータ)」構想を発表。


●「IIx」発表

 5月
◎Apple Computer は、Quantum Computer Services と契約して AppleLink - Personal Edition の開発をおこなう。(このプロジェクトが後に America Online となる)
1989年
☆ System6.0/漢字Talk 6.0.2
●「SE/30」発表 68030搭載Mac登場
●「IICx」発表 名称は「IIx」のコンパクト版を意味する「IICi」発表
 9月
◎1.4MB floppy drives を発売。
●「Portable」Apple初のポータブルMac、別名「ニー・クラッシャー」
 12月
◎Xerox は、 Lisa ならびに Macintosh のGUIに 関連した著作権に関する異議を申し込む。
◎32-bit QuickDraw for Macintosh を発表。
◎新しいフォントの研究開発を開始。(後のTrueType フォントとなる)

1990年 低価格モデルの販売開始一気に大衆化が進む
 3月
●「IIfx」発表 史上最強のパソコンと言われたモデル
◎Xerox と Apple Computer のGUIに関する法廷闘争、Apple の勝訴。
 6月
◎Apple Computer は、Claris を 100% 子会社として運営すると発表。
●「Classic」発表
●「LC」発表 ピザボックスタイプの筐体を採用
●「IISi」発表
 12月
◎Apple Computer とMicrosoft は、共同で TrueType フォントを発表。
◎Apple Computer の AppleLink - Personal Edition が America Onlineと改名

1991年
☆ System7.0/漢字Talk 6.0.7
☆QuickTime1.0 発表
 3月
◎ Apple Computer は TrueType フォントの仕様を発表。
 5月
◎ Apple Computer は QuickTime ソフトウェアを発表。
 6月
◎ Apple と IBM が Power PC チップで Mac OS を利用することで合意、技術提携契約を結ぶ。
 10月
◎ Apple Computer と IBM は、ハードウェアから独立したマルチメディア言語 「Kaleida」 の共同開発を発表。
● Perfomaシリーズ米国で販売開始
●「ClassicII」発表
●「PowerBook100」発表 Apple初のノート型Mac
●「PowerBook140」発表
●「PowerBook170」発表
●「Quadra700」発表 68040CPU搭載Mac登場
●「Quadra900」発表 Apple初のフルタワー型Mac
 12月
◎ Apple Computer は QuickTime 1.0 を出荷。

1992年
 1月
◎ Apple Computer 社代表 John Sculley が「PDA」(Personal Digital Assistant)という言葉を使う。
●「LCII」発表
●「Quadra950」発表
●「PowerBook145」発表 米国のみ
☆ System7.1/漢字Talk 7.1
●「IIVi」発表 パソコン史上初のCDドライブ搭載機
●「IIVX」発表
●「PowerBook180」発表
●「PowerBookDuo 210」発表 合体変形ノート「Duo」シリーズ発売
●「PowerBookDuo 230」発表
 12月
◎ QuickTime for Windows を出荷
◎ シカゴのCESで初めてのPDAを公開
◎ Apple Computer と SHARP は、PDAの共同で開発開始

1993年 Mac乱造時代到来と同時に未来を予見させる新テクノロジーが相継いで発表された年だった
☆ System7.1 Pro
☆PlainTalk(音声認識テクノロジー)対応のAVMacが登場
 1月
◎ Winter Consumer Electronics Show でNewtonを展示
●「Centris610」発表
●「Centris650」発表「IIシリーズ」に変わる新シリーズだったがわずか3機種で消える
●「Color Classic」発表
●「LCIII」発表
●「PowerBook165c」発表 初のカラー液晶を使ったPowerBook
●「Quadra800」発表
 6月
社長交代,マイケル・スピンドラー時代
 8月
● Newton MessagePad 100 を発売

● PowerCD を発売
●「LC520」発表 13インチ一体型Mac登場
●「Color ClassicII」発表 当初日本のみの販売だった
●「PowerBook145B」発表 最後の漢字Talk6で動くマシンだった
●「PowerBook180c」発表 
●「Centris660AV」発表 業界初の音声認識機能を標準搭載し(英語Systemのみ)ビデオの入出力が出来るモデル
●「Quadra840AV」発表 
●「LC475」発表 68040CPU搭載のLCモデル
●「PowerBookDuo 250」発表 
●「PowerBookDuo 270c」発表 
●「Quadra605」発表 日本では販売されなかった
●「Quadra610」発表 
●「Quadra650」発表 
●「Quadra660AV」発表

 10月
☆Macintoshの累計出荷台数が1000万台を突破
●「MacTV」発表 20,000台をテスト発売
注)「MacTV」はパソコン業界初のテレビチューナー内蔵モデルだった、黒い筐体はMac初。確か正規販売だったはずだがパソコンブーム到来以前の販売は時期が早すぎほとんど売れずに、後から「あれはテスト販売だったのだよ」と言い訳した。
日本にも数台のみショップが並行輸入していた珍品

 12月

●DayStar Digital にMac OSとSystem ROM をライセンス提供

1994年
☆IBM、Motorolaと共同で開発していた新MPU「PowerPc」搭載Macの登場

 1月
◎ eWorld オンラインサービスを発表
●「LC550」発表 
●「LC575」発表 
 2月
◎ QuickTime 2.0 を出荷
☆ System7.1.2/漢字Talk 7.1.2(初代PowerMac専用OS)
●「PowerMac 6100/60」発表  PowerPcCPU搭載Mac
●「PowerMac 7100/66」発表 (AV仕様も有り)
●「PowerMac 8100/80」発表 (AV仕様も有り)
 3月
● Newton MessagePad 100 と 110 を出荷
☆ System7.1.3/漢字Talk 7.1.3
●「PowerBook165」発表 
●「PowerBook 150」発表 
☆ System7.5
●「PowerBookDuo 280」発表 
●「PowerBookDuo 280c」発表 

1995年 米国でパソコン出荷台数第一位に輝くなど我が世の春な時代だった
☆ System7.5.1/漢字Talk 7.5
☆Apple以外のメーカーよりMacOS搭載機登場
●「LC550」発表 
※「Newton MP120」発表
 5月
●「PowerBook 520」発表 業界初、トラックパッドを採用したマシン
●「PowerBook 520c」発表 
●「PowerBook 540c」発表 
●「PowerMac 8100/100」発表 (AV仕様も有り、この後に販売されたモデルは全てAVは標準で搭載されたため、わざわざAVとは名のならなくなった)
●「LC630」発表 
●「PowerBook 5300/100」発表 
●「PowerBook 5300cs/100」発表 
●「PowerBook 5300c/100」発表 
●「PowerBook 190/66」発表 
●「PowerBook 550c」発表 
☆ 漢字Talk 7.5.1
●「PowerMac 9500/120」発表 PCI仕様の第二世代PowerMac登場
●「PowerMac 6200/75」 発表 
●「PowerMac 7200/75」 発表 
●「PowerMac 7200/90」 発表 
●「PowerMac 8500/120」発表 
●「PowerMac 9500/132」発表 
●「PowerBook 5300cs/117」発表 
●「PowerBook 190cs/66」発表
 11月 
Apple、米国のパソコン出荷台数でシェア第一位になる
 12月
◎QuickTime 2.0 for Windows を出荷
◎Pippin発表 製品は'95バンダイより販売
※IBMとApple、Kaleida Labs を解体
☆「NewtonOS 2.0」発表

1996年
◎ QuickTime VR を Macintosh ならびに Windows用に出荷
 1月
スピンドラー解雇
 6月
社長:ギルバート・アメリオ時代
●「PowerMac 7200/120」発表 
●「PowerMac 7500/100」発表 
●「PowerBookDuo 2300c/100」発表 
●「PowerBook 5300cs/100」発表 
※「Newton MP130」 発表 
 4月
●「PowerMac 7600/120」発表 
●「PowerMac 8500/120」発表 
●「PowerMac 9500/150」発表 
●「PowerMac 6300/120」発表
 5月
Apple、Mac OSをIBMに供与
☆ BeOS for Macintosh 発表(DR8.2) 
●「PowerMac 7600/132」発表 
●「PowerMac 8500/150」発表 
●「PowerMac 9500/200」発表
●「PowerMac 8500/180」発表 
●「PowerMac 9500/200」発表 
●「PowerMac 9500/180MP」発表 Apple初のマルチプロセッサ搭載機
 7月
☆ System7.5.3/漢字Talk 7.5.3
●「PowerBook 1400c/117」発表 Apple初のCDドライブ内蔵が出来るノート
●「PowerBook 1400c/133」発表
☆ System7.5.5/漢字Talk 7.5.5
 12月22日
Apple Computer.Inc、NeXT software.Incを買収

創設者スティーブ・ジョブス、スティーブ・ウォズニアック、アメリオの相談役として復帰
1997年
☆ Mac OS 7.6/MacOS 7.6-J
●「PowerMac 7300/180」発表 
●「PowerMac 7600/200」発表 
●「PowerBook 3400c/200」発表 
※「Newton MP2000」発表 
※「e-Mate 300」発表 教育市場に特化されたキーボード付きNewton
●「PowerMac 8600/200zip」発表 zipドライブ内蔵モデル
☆ Mac OS 7.6.1/MacOS 7.6.1-J
●「PowerMac 9600/200MP」発表 
●「PowerMac 9600/233」発表 
●「PowerBook 2400c/180」発表 Apple で設計され日本IBMが製造を担当したサブノート
●「PowerMac4400/200」発表
 7月1日
※ Newton部門 Appleを離れ Newton,Inc として独立
「twentieth anniversary Macintosh」発表 Apple20周年記念Macintosh
☆ BeOS for Macintosh (DR9 Preview Release発表)
 7月9日
CEO ギルバートアメリオ辞任
 7月7日
◎スティーブ・ジョブス「Macworld Expo in Boston」で Microsoftとの提携を発表!
Microsoft,Appleに対して1億5000万ドルの投資!!
 7月22日
☆Mac OS 8を発表リリースは、同27日
●「Power Mac 8600/250」発表 CPUに604eの改良版G3を搭載
●「Power Mac 9600/300」発表
●「Power Mac 9600/350」発表
 9月1日
☆Mac OS 8-Jを発表リリースは、同26日
 9月
◎Power Computing社を買収
 9月12日
◎Motorola、MacOS機市場から撤退
 9月13日
◎IBM、MacOS機市場から撤退
 9月17日
◎スティーブ・ジョブス、暫定CEOに就任
 9月19日
◎スティーブ・ジョブス、来年にもAppleからNCを出すことを発表
 9月26日0時
☆Mac OS 8-J発売
●「Power Mac 5500/225」発表
◎「Newton,Inc」Appleに再吸収
10/20
◎OS GuideでMac OS 8が「1997 OS of the YEAR」を受賞
● 「Newton MP2100」発表
11/10
◎「Think different.」キャンペーンを実施
Internetを使った24時間営業の「AppleStore」を開設
Apple自らによるダイレクト販売、カスタマイズ販売を発表
●「PowerBook 1400cs/166」 発表
● 「PowerMac G3MT」発表
● 「PowerMac G3DT」発表
● 「PowerBook G3」発表
11/19
◎Rhapsody for PC Compatibles,DR1」 (旧称Rhapsody for Intel)
◎Yellow Box for Windows,DR1」を出荷
12/12
◎「MacFan Expo in Kansai '97」大阪で開催
 1998年
1/6
日本でも「Think different.」キャンペーンを実施
Jobs、EXPO/SFで4500万ドルの黒字を発表!
1/22
☆MacOS 8.1アップデータ配布

1/27
Clarisを解体、新会社FileMaker, Inc.創設することを発表
1/29
「OPENSTEP 4.2J for Mach」発表
Be社、BeOS for Intelの完成版を配布
2/3
「QuickTime 3.0」People's Choice賞を獲得
2/18
☆MacOS 8.1-Jアップデータ配布
2/24
◎QuickTime3.0フォーマット、次期MPEG-4に採用
2/27
◎Apple、Newtonの開発を中止
3/31
◎QuickTime3公開
4/1
●「PowerMacintosh G3 all-in-one」発表
4/7
●「PowerBook 2400c/240」発表(日本限定)
5/4
●「Power Macintosh G3 MT 300」発表
5/6
●「iMac」発表
●「PowerBook G3 /292、G3 233、G3 250」(コードネーム:WallStreet & MainStreet)
8/30
◎AppleのCM「Think Different」が、エミー賞のベストコマーシャル部門で受賞
10/14
☆MacOS 8.5発表
米アップル、第4四半期決算で1億600万ドルの利益、『iMac』の出荷台数は27万8000台と発表。
約40パーセントが新規アップルユーザー、うち29.4パーセントが新規コンピューターユーザー、12.5パーセントがWintel乗り換えユーザー、、残りの58.1パーセントはMacintoshユーザーだという。
10/17深夜0時
☆MacOS 8.5 各国語版を世界同時発売

 1999年
1/6
◎スティーブ・ジョブスはMacWorld EXPO SF'99 の基調講演でiMacが前年8月の出荷以降80万台販売されたこと,昨年1年間で160万台のG3機が売れたことを明らかに
●「PowerMacintosh G3 Line」(Yosemite)発表と同時に販売開始
●「Apple Studio Display15-inch flat-panel with Power Macintosh G3」発表
●「Apple Studio Display with Power Macintosh G3」発表
●「iMac(Rev.C)」発表。カラーバリエーションが5色に
☆「MacOS X Server」発表
◎SGIの「OpenGL」をMac OSでの正式サポートを公表
3/16
●「MacOS X Server」の一部をオープンソース化する「Darwin」プロジエクトを公表
4/10
●「iMac(Rev.D)」発売。
4/17
◎NAB'99にて「QuickTime4」を発表
5/10
☆「MacOS 8.6」発表
●「PowerBook G3」(コードネーム:101)発表
7/20
● MACWORLD EXPO/NY1999にて「iBook」(コードネーム:P1)発表
☆「MacOS 9」(Sonata)発表

10月
☆「MacOS 9」(Sonata)発売

2000年
1/6
☆MACWORLD Expo/SF2000にてMac OS X(Aqua)発表リリースは夏頃
◎MACWORLD Expo/SF2000にてスティーブジョブス正式にCEOに就任
Apple、北米でWebにて「iReview」「iCard」「iTools」を開始
AppleWorks 6を発表
1.14
ソーテック社のiMacもどき「eOne」が販売禁止になる
1/25
「AirMac」ワイヤレスネットワークを発表
2/16
● MACWORLD Expo/Tokyoにて「PowerBook」(コードネーム:Pismo)発表
(PowerPC G3/500 MHz)筐体から『PowerBook G3』というの記載がなくなった
「iBook Special Edition」(アイブックスペシャルエディション,PowerPC G3/366 MHz)発表
「Power Mac G4」(400 MHz、450 MHz、500 MHz)発表
Apple、世界を対象に「iReview」「iCard」「iTools」を開始
3/2
「Mac OS X Server 1.2」を発表
「WebObjects 4.5」を発表
4/22
AppleWorks 6を販売開始
6/15
Final Cut Pro 1.2.5を発表
7/20
Power Mac G4 Cubeを発表
7/25
iMovie 2を発表
10/17
Mac OS X Public Betaを配布開始
QuickTime 5の公開プレビュー版をリリース
11/1
Key LimeのiBookを店頭販売開始

2001年
1/10
Macworld San FranciscoにてPowerBook G4(チタニウム)を発表
Macworld San FranciscoにてPowerPC G4プロセッサを搭載したPower Mac G4(733 MHz)を発表
Macworld San FranciscoにてiDVDとDVD Studio Pro、iTunesを発表
2/22
● MACWORLD Expo/TokyoにてCD-RWドライブとiTunesを搭載したiMacを発表
iMacに新色(BlueDalmatian)(FlowerPower)追加
☆iTools日本語でのサービスを開始
☆iTunes 1.1を発表
3/16
アップル、PowerSchool社を買収
3/24
☆Mac OS X 1.0発売
4.24
☆QuickTime 5とQuickTime Streaming Server 3を発表
5/22
☆予定を繰り上げMac OS Xプリインストールを開始
7/4
●Power Mac G4 Cubeの生産を休止
7/19
●Macworld New Yorkで新型Power Mac G4(QuickSilver)[733MHz、867MHz、デュアル800MHz]を発表
●Macworld New YorkでiMacファミリー(700MHz)をアップデート
☆AppleWorks 6.2 for Mac OS X を発表
9/26
☆Mac OS X Server バージョン10.1アップデートを発表
10/24
●iPodを発表
☆iTunes 2を発表
11/1
☆Mac OS X対応のiDVD 2を発表
12/5
☆Final Cut Pro 3を発表
2002年
1/7
●Macworld San FranciscoでiMac(Flat Panel)を発表
●Macworld San FranciscoでiBook (14.1 LCD)を発表
☆Macworld San FranciscoでiPhotoを発表
☆Macworld San FranciscoでMac OS XをすべてのMacで起動OSとして採用と発表

 

  • 2017.11.13 Monday 16:25
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
2011/05/14 5:39 PM, chanel handbags wrote:
サミンEプラス、マカなど商品多数!公式ショップで安心ショッピング
Add a comment:









Trackback:
http://knnarchive.jugem.jp/trackback/555
 
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
Le Creuset ソースパン 18cm チェリーレッド
Le Creuset ソースパン 18cm チェリーレッド (JUGEMレビュー »)

なんといってもLe Creusetですね。知人の結婚祝いに贈ります!
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.